大手消費者金融が即日融資に向いているわけ

お金がない、今すぐ借りたいというときに最も頼りになるのが消費者金融でのキャッシングです。とくに即日でお金を借りたいという場合には、消費者金融、なかでも銀行系の大手消費者金融がおすすめです。

 

なぜ大手消費者金融は即日融資に向いているのでしょうか?

 

審査が早い

即日融資において最も重要な要素は、審査が早く終わることです。例えば『即日融資可能』というカードローンがあったとしても、そこで借りれば必ず即日で借りられるという保証があるわけではありません。審査にかかる時間にも違いがあります。そのため、審査にどのくらいの時間がかかるかわからない以上、できるだけ審査が早いところで借りることが即日融資においては重要となるわけです。

 

審査時間の目安として、そのカードローンの最短審査時間が表記されていますが、それはあくまでも「最短で借りられた場合」です。乱暴な例えでいうならば、10人即日融資を希望していて1人しか即日融資が受けられない審査に時間のかかるカードローンも、10人即日融資を希望して9人即日融資が受けられる審査の平均的に早いカードローンも、どちらも「最短即日融資」です。それでしたら、平均的に審査が早いカードローンに申し込みをしたいですよね?

 

大手の消費者金融の場合、審査時間は最短30分というところがほとんどとなります。実際のところ30分で借りられるのか?と疑われる方もいらっしゃるかもしれませんが、口コミを見てもほんとうに30分ほどで借りられている方も少なくありませんし、「ほんとうに早かった」という声が多く見られます。

 

誰もがこの速さで借りられるわけではありませんが、それでも申込から2〜3時間程度で借入できている方が平均的に多いです。そのため、今すぐお金を借りたい、という場合には大手消費者金融がおすすめなのです。

 

融資方法が複数用意されている

即日融資のカードローンといっても、24時間即日融資に対応しているわけではありません。急にお金が必要になっても、即日融資に対応している時間でなければその日中にお金を借りることができなくなってしまいます。そのため、できるだけ即日融資に対応している時間が長いところを選ぶ必要があります。

 

一般的に、即日融資の融資方法というのは振込による融資です。しかし振込は基本的には銀行があいている時間内でしか行われませんので、平日の9時〜15時の間で振込がされなければその日のうちにお金を借りることができないのです。しかし、銀行営業時間内での振込融資以外にも融資方法があるカードローンでしたら、その時間を過ぎてしまっても即日融資が可能です。

 

ローンカードは通常申し込み後に郵送という形になりますが、そうしますと数日は確実にかかってしまいます。しかし、自社の自動契約機が全国に設置されているカードローンでしたら、自動契約機に来店してローンカードをその場で発行することができます。自動契約機の営業時間は業者や設置場所により異なりますが、長いところですと22時まで営業しています。

 

つまり、自動契約機での即日カード発行が可能なカードローンであれば、当日振込の時間が過ぎてしまってもまだまだ即日融資の可能性があるというわけです。大手の消費者金融であれば自動契約機がありますので、やはり即日融資においておすすめである、というわけです。

 

審査が比較的柔軟

審査スピードが早くとも、審査に通ることができなければ即日どころか融資を受けることができません。特に即日でお金を借りたいと急いでいる場合、一つのところで審査に落ちてしまったら次に申込をしてもその日のうちに借りられる可能性は低くなります。ですので、急ぎでお金が必要な場合には、比較的審査に通りやすいカードローンを選ぶ必要があるのです。

 

即日融資をおこなっているカードローンには銀行カードローンもあります。金利も低くてたいへん魅力的ではあるのですが、審査は比較的厳しい傾向にあります。

 

対して消費者金融のカードローンは、審査が甘いということはありませんが銀行よりは比較的柔軟と言えます。こうした理由からも、消費者金融カードローンは即日融資に向いていると言えるのです。

 

大手消費者金融はこのほかにも、スマホやケータイによるインターネット申込など利便性にも長けていて、広く多くの方が利用しやすい環境が整っています。そうしたことなどを総合的に判断して、やはり今すぐ借りるなら大手消費者金融がおすすめなのです。

 

消費者金融審査はなぜ早い?

消費者金融の審査は仮審査や事前審査であれば最短10秒や、なかには最短1秒なんていうところもあります。審査全体での時間としては最短30分程度のところが多いですが、なぜ消費者金融の審査は早いのでしょうか?

 

それは、競合他社との顧客獲得競争があるからなのです。一人でも多くの顧客を獲得しようと各社間で熾烈な争いとなっています。カードローンを利用する方の多くは融資を急いでいる方ですから、審査スピードがより早いところは人気を集めるのです。

 

ではなぜこのように早い審査を実現することができるのでしょうか。それは、コンピューターで自動的に審査をしているからです。申込の際に入力した勤務先や収入、家族構成などそういった情報を点数化して基準値に達していれば審査通過、達していなければ審査落ちというように自動的に判断しているからなのです。

 

各社で多少の違いはありますが、この「属性」審査では、次のような項目により審査を行っています。

  • 年齢
  • 職種
  • 勤務先
  • 健康保険の種類
  • 勤続年数
  • 年収
  • 居住年数
  • 住居形態
  • 家族構成
  • 電話の種類

 

ただし、消費者金融の審査がこの自動化された審査だけで終わるわけではありません。審査は「属性」のほか、「個人信用情報の照会」も行います。個人信用情報というのは、銀行や消費者金融、クレジットカードなど金融機関でのすべての利用履歴・情報のことで、金融機関が共有化して融資審査の際に照会できるようになっています。

 

どこでいくらの借入があるのか、返済の遅れが何回あるのか、債務整理や自己破産はしていないか、そういった情報がすべて一定期間登録されており、照会すればすぐにわかるようになっています。

 

また、勤務先への在籍確認や、本人確認書類や収入証明書での事実確認も行われます。申込内容との相違はないか、チェックが行われるのです。こうした審査結果をもとに、最終的には融資担当者が最終的な判断を行います。審査が自動化されているとはいえ、最後に融資の可否を決めるのは人間なのです。

 

消費者金融は、これまでの膨大な融資実績により独自の審査ノウハウを持っています。そしてそれが自動化された属性スコアリング審査を可能にしています。このノウハウを生かして、無担保・保証人なしの融資をこれだけスピーディーに行うことができるのです。

 

消費者金融審査は甘いのか?

よく、「消費者金融は審査が甘い」などと言われることがあります。審査の甘い消費者金融として大手の消費者金融がランク入りしているなんてこともありますが、結論から言って、消費者金融の審査が甘いということはありません。

 

改正貸金業法の改正により、消費者金融の審査はむしろ厳しくなったと言ってもいいくらいです。というのも、改正貸金業法では返済能力を超える借入の抑制のため、指定信用情報機関の信用情報を利用した返済能力調査や年収の3分の1を超える貸付けの禁止などが定められました。審査の結果、返済能力がないと判断される場合には融資ができないと法的に定められているのです。

 

とはいえ、金利の低い銀行カードローンなどと比べれば、金利が高い分審査は比較的柔軟とは言えます。他社からの借入がなく、パートやアルバイトなどでも安定して年収が50万円以上あるようでしたら融資額は少なくても審査に通る可能性は高いでしょう。