消費者金融審査は短期間に複数申込がある場合

消費者金融の審査を受けるのに、「もしも審査に落ちてしまったらどうしよう…」と同時に何社か申込をしてしまう方がいらっしゃいますが、実はこれ、審査においてはNGなのです。

 

なぜ複数申込をしてはいけないのか?といいますと、短期間に複数申込を行うということはよっぽどお金に困っている方、つまり、お金を貸しても返済の見こみが低くリスクがあるのではないかと判断されてしまうからなのです。

 

例えば自分がもしも人にお金を貸すと考えてみてください。例えば、自分にだけお金を貸してと言ってくる人と、いろんな人にお金を貸してと言っている人、どちらが信用できますか?と聞かれたら、おそらくほとんどの方が前者を選ぶでしょう。ローン審査もこれと同じです。

 

また同時ではなくても、審査に落ちるなどして短期間で複数社の申込履歴がある場合には審査に不利になってしまいます。他社での審査に落ちるということは、審査で落ちてしまうレベルの信用力である、と考えられてしまうからです。他社で断った人にうちだけお金を貸すのはリスクが高いから避けたい、というわけですね。

 

申込履歴は信用情報に記載されていますので審査の際に信用情報機関に照会することですぐにわかってしまいます。そのため、審査に落ちてしまって次々に申込をして…なんてことになりますと、どんどん審査に通りにくい状況になってきてしまいます。これを申込ブラックといいます。

 

では具体的に何社までならOKなのでしょうか。審査基準には各社で違いがあるため一概には言えませんが、一般的には3社までと言われています。ですので、「とにかく金利の低いところで借りたい!」などと審査が厳しい低金利カードローンばかり申込をしていますと、すぐにも申込ブラックに陥ってしまいますから注意してください。

 

信用情報の申込履歴の登録期間は6ヶ月です。6ヶ月経てばこの履歴は消えますので、逆にいえば6ヶ月の間に3社以上の申込とならないよう、注意しましょう。