銀行と消費者金融審査の違いはココ

銀行カードローンと消費者金融ですと、銀行カードローンのほうが審査に時間がかかる傾向にあるといいます。

 

なぜこのような違いが出るのでしょうか?
銀行と消費者金融、審査の違いはどこにあるのでしょう?

 

金利による審査難易度の違い

カードローンでは、基本的に、金利と審査の難易度は反比例するといわれています。金利が低ければ審査が厳しく、金利が高ければ審査が柔軟になるというのです。審査が厳しい、ということは、その分お金を貸す人を慎重に選んでいるということになります。信用力の高い人にお金を貸すことで、貸したお金が帰ってこないというリスクが少なくなり、その分金利を低く設定することができます。

 

カードローンでは利息がそのまま収益となるわけですが、貸したお金が返ってこない場合、その補填もそこから行われます。金利が高いカードローンであればその分利息収入は多いわけですから、多少審査を柔軟に行っても赤字になりませんが、金利が低いカードローンですとそうはいきません。

 

銀行カードローンと消費者金融の審査の難易度の違いは、こうした点からもきているわけです。

 

審査の構造の違い

銀行カードローンの場合、利用条件に「当行の指定する保証会社の保証を受けられる方」という文言が入っています。

 

銀行は、銀行の審査と保証会社の審査、二重の審査を受けなければならないのです。そのため、自社のみで審査を行う消費者金融と比較して、どうしても審査に時間がかかる傾向があります。

 

審査スピードの違い

即日融資のカードローンは消費者金融だけでなく、銀行カードローンにも数多くあります。しかし、その審査スピードは同じではありません。消費者金融の審査時間が最短30分など非常にスピーディなのに対して、銀行カードローンの審査時間は「最短即日審査」という表記の所が多いです。

 

では実際にはどうなのか?といいますと、やはり口コミでみても、大手の消費者金融では2〜4時間程度で融資を受けられている人が多いのに対し、銀行カードローンは2営業日程度かかるケースが多いようです。もちろん、実際に即日で融資を受けられている方も多くいらっしゃいますが、平均的にみるとやはり大手消費者金融のほうが審査スピードは早いです。