消費者金融審査は借入件数4件あるけど...

消費者金融の審査では、借入件数があまり多いと審査に通りません。他からも借金をたくさんしている人が審査に通らないというのは、なんとなくわかりますよね。でもここで注目していただきたいのが、「借入額」ではなく「借入件数」であるという点です。

 

なぜ借入額ではなく借入件数のほうが重要なのか?それは、「1社からそれだけの額を借りられない信用状態」と判断されるからなのです。

 

もしも100万円の借入額があるとして、

 

  • 1社から100万円を借りている人
  • 4社から25万ずつ合計100万円を借りている人

 

どちらのほうが信用力が高いと思われますか?

 

前者は1社から高額な融資を受けられているという印象を受けますが、後者は1社から25万円までしか借りることができずいろいろなところで借りていると感じますよね。

 

いろいろなところで借りているうえにさらにこちらでも借りようとしているとなると、他社の借金の返済のための借入ではないか?そのまま貸し倒れになってしまうのではないか?と返済能力に不安があると判断されてしまうのです。

 

合計としては同じ借入額でも、1社から高額な借入ができる人のほうが信用力は高いと判断されます。これが、新たな融資審査の際にも審査の判断材料となってくるのです。

 

では借入件数は何件までなら審査に通るのでしょうか。審査基準には各社で違いがありますし、借入件数だけで審査をしているのではなく総合的な判断になりますので一概には言えませんが、一般的に、借入件数は3社までと言われています。

 

では4社以上借入があると審査に通らないのか?といいますと、前述したように審査基準に違いがあるためそれでも他の属性が基準を満たしていれば審査に通る可能性はもちろんあります。しかし、4社、5社と増えていくにつれ、審査は確実に厳しくなっていくのは確かです。

 

対策としては、

  1. 残高が少額な借入から優先して返済をして完済実績を作る
  2. 可能であれば新たに借入をするのではなく増額してもらう
  3. おまとめローンを利用する

 

こうしたことを行うことで、借入件数を減らすことです。
借入件数が多いと1社1社の金利も高くなりますし、月に何度も返済日があります。
また他社から新規の借入もしづらくなるなどメリットがありません。

 

借入の際には借入件数が増えないよう、また増えてしまったらすぐにおまとめするなど早め早めで対策をとっていきましょう。