消費者金融でお金を借りると家族に影響は?

消費者金融の審査申込の際には住所や勤務先などと並んで「家族構成」を入力する欄が設けられています。消費者金融でお金を借りることで家族に何か影響してしまっては…と不安に思う方もいらっしゃるでしょう。

 

では実際のところ、影響はあるのでしょうか?

 

これは結論としては、YESとも言えるしNOとも言えます。
普通にお金を借りて返しているだけでしたら、消費者金融でお金を借りることが直接家族に影響するということはありません。しかし、以下のような場合には影響がないとも言い切れないからです。

 

返済不能になり自己破産に陥ってしまった場合

もしも借りたお金を返せなくなり、自己破産に陥ってしまった場合、借金を帳消しにする分、財産を手放さなくてはなりません。持ち家や自動車などの財産は手放すことになりますので、そうなりますと家族に大きな影響があります。

 

また、自己破産では破産者が弁護士や司法書士、税理士などといった資格の職業や会社役員である場合、それらの資格を失うこととなります。もしも一家の大黒柱が自己破産となった場合には家族に大きな影響を及ぼすことになるでしょう。

 

これから住宅ローンを組むという場合

住宅ローンは直接的に家族に影響するというわけではありませんが、住宅購入は家族にとっても重要なことですよね。これから住宅ローンを組むという場合、ローン審査では信用情報の照会を必ず行いますので、消費者金融での借入があればもちろん審査に影響を及ぼします。

 

利用期間中は遅延などもなくすでに完済していて解約している、というのでしたらまず問題はありませんが、現在進行形で借入があるという場合、また完済しているものの借入枠が残っているという場合にはローン審査に影響してきます。住宅ローン審査に申込をする前に完済し、解約してしまうのがベストでしょう。

 

審査申込の際に家族構成を記入するのは、それが融資審査の判断材料の一つであるからにすぎません。消費者金融は無担保・保証人なしの融資ですので消費者金融でお金を借りることで家族に対して取り立てが行われたりといったことではありません。

 

上記のような点に注意し、きちんと返済していれば、正規の業者であれば家族に迷惑がかかるようなものではありませんので安心して利用してください。