消費者金融審査で勤務先への電話確認を避けたい

消費者金融審査では必ず在籍確認というものが行われます。この在籍確認というのは、申込の際に申告している勤務先にほんとうに勤めているかを確認するもので、一般的には電話で行われます。消費者金融側から直接勤務先へ電話をかけてくるのです。そのため、「もしもバレてしまったら…」と在籍確認の電話を嫌がる方は多いです。

 

この勤務先への電話、避けることも可能です。

 

在籍確認は電話で行うところがほとんどなのですが、一部の消費者金融ではこれを書面の提出によって行なっているところがあります。勤務先が確認出来る書類の提出で確認をとるのです。

 

モビットのWEB完結申込

モビットの「WEB完結申込」という申込方法で申し込めば、在籍確認を勤務先が確認出来る書類の提出で行うことができます。このWEB完結申込、他社でも同様のサービスを行っていますが、モビットが違うのは「電話連絡なし・郵送物なし」で申込から利用まで全ての手続きがWEB上で完結するという点です。

 

審査結果の連絡はメールで行われ、在籍確認は書面の提出によって行われます。また契約書類などは電子書面でのやりとりとなり、振込による融資になるのでローンカードの発行自体がありませんから郵送もありません。このように、公式サイトで在籍確認が電話ではないと明記しているところはおそらくモビットのみなのではないでしょうか。

 

申込の際申告すれば在籍確認を書類で行ってくれる?

モビット以外の他の消費者金融でも、申込の際にどうしても在籍確認の電話を避けたい、と申告すれば書類の提出にしてくれるところがあると口コミなどでは噂されています。特にプロミスはそうした記載をされているサイトを多くみかけますが、プロミス公式サイトにはそうした記載は一切見当たりません。

 

そのため、もしどうしても在籍確認を書類で行って欲しい!というのであれば、申込前の段階で一度電話で相談をしてみましょう。

 

 

このように、在籍確認の電話を避ける手段はあるわけですが、実はこの電話で周囲に知られてしまう可能性というのは非常に低いです。というのも、在籍確認の電話は、本人が出ない場合でも以下のように非常に短時間で行われるからです。

 

消費者金融「◯◯(担当者の個人名)と申しますが、△△(申込者)様はいらっしゃいますか?」

 

勤務先「申し訳ございません、△△はただいま、席を外しております」

 

消費者金融「そうですか、わかりました。また改めます」

 

本人が電話に出なくても、「席を外している」ということで在籍しているという事実は確認できましたから、これにて在籍確認は終了です。

 

こうスムーズに毎回終わるというわけではありませんが、そうした場合でも消費者金融側の担当者も慣れていますので、適当な言い訳でさっさと電話を切ります。そのため必要以上に不安がらなくても大丈夫です。

 

もしもどうしても不安、というのでしたら、あらかじめ自分宛の電話がかかってくることを同僚に話しておくというのも一つの方法です。自分宛に保険の営業さんから電話がかかってくる、などと言っておけば、それ以上に怪しまれることもそうないでしょう。