固定電話を引いていない 消費者金融審査は大丈夫なのか

消費者金融の審査申込の際には住所や勤務先や収入などいくつかの入力項目があります。それらの項目はそのまま属性スコアリングで融資の可否を判断する材料となります。

 

審査項目には電話の種類というのも含まれているのですが、実は以前は固定電話がないと消費者金融の審査には通らなかったのです。

 

今ではメールで審査結果の連絡もありますし、なぜ固定電話?と思われるかもしれませんが、消費者金融が利用者と連絡を取る手段は昔は電話しかなかったからです。返済が遅れて連絡がないとき、昔は携帯電話がありませんでしたので固定電話での連絡でした。電話で連絡を取ることのできない人というのはそうしたときに連絡する手段がありませんので、お金を回収することを考えると固定電話がない人にはお金を貸しにくかったのです。

 

また、固定電話回線というのは電話加入権が必要であり、設置をする住所地が必要となります。固定電話があると居住先が安定していると判断されるのです。消費者金融は審査において安定性を重要視しますから、固定電話があるということは審査において有利というわけです。

 

では現在ではどうなのでしょうか

 

現在では携帯電話が普及していて、若い世代になりますと独身既婚限らず固定電話を持たない人は多くなっています。特に独身の方の場合、ほとんどの方が携帯電話のみという状況です。そのため、やはり現在では固定電話は消費者金融審査の必須条件ではなくなっています。

 

しかしながらまったく影響がないというわけではありません。固定電話があることで居住先の安定性が確認出来ることには変わりありませんし、携帯電話プラス固定電話を持っていることで審査には有利に働きます。昔ほど重要視される項目ではなくなってはいますし、ないことで審査に落ちるということはありませんが、あることで少しでもプラスになるのは確かです。

 

ただし注意していただきたいのが電話料金の未払いです。固定電話に電話をかけたときに料金未払いになっていると電話口で「お客様の都合により…」などとアナウンスが流れてその事実がわかってしまいます。そうなりますと審査に落ちてしまう可能性が非常に高くなりますので注意してください。