消費者金融の審査に落ちてしまったら?

消費者金融審査に落ちてしまった!
そんなときにはどうしたらいいのでしょうか。

 

急いで次に借りられるところを探して申込をする、その前に、一度なぜ落ちてしまったのか?を考えてみましょう。見直しをすることで次も同じように審査に落ちてしまう可能性を低くすることができるかもしれません。

 

借入件数が多すぎないか?

借入件数が多い場合には次に申込をしても審査に通らない可能性があります。可能であれば今借りているなかで増枠してもらうか、残債の少ないものから完済してしまって借入件数を減らしてから再度申込をしましょう。

 

借入額が年収の3分の1を超えていないか?

消費者金融では年収の3分の1を超えた借入はできません。他社の借入を含めた額がこれを超えてしまってはいないでしょうか?どうしてもこれを超える借入を希望しているのであれば、総量規制の影響を受けない銀行カードローンで申込をしましょう。

 

勤続年数が不足していないか?

一般的に、勤続年数は1年が合格ラインと言われています。最近では半年程度でも通るようですが、不足している場合には半年、1年経ってから申込をしたほうがいいでしょう。

 

短期間に複数社申込をしてしまってないか?

短期間に複数社申込をしてしまいますと申込ブラックと呼ばれる状態となり、それだけで審査に落ちてしまう場合があります。もしもすでに3社以上申込をしているというのでしたら、申込履歴が信用情報から抹消される6ヶ月を超えてから再度申込をしましょう。

 

信用情報がブラックではないか?

延滞や債務整理、自己破産など信用情報がブラックの状態ではありませんか?もしそうでしたら、情報が登録されている期間は審査に通るのが難しいです。信用情報から履歴の消えるまでには5年?10年と長い期間がかかります。

 

以上のような点を見直してみてください。
そのうえで、大手の消費者金融ではもう厳しいというのでしたら中小の消費者金融を検討してみましょう。

 

中小の消費者金融は大手で借りられない方を対象としているところがあります。ただし、中小の消費者金融を利用の際には、「無審査」や「ブラックOK」などといったいかにも怪しいところを利用してしまわないよう、注意してください。